スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
米粉100%のパン粉で魚のフライ
yum1022-6.jpg
左がパン粉、右が米パン粉使用

こんにちは。スタッフIです。
以前に飯倉ドクターがちらっとご紹介した
米粉100%のパン粉。
通常のパン粉と味や食感が違うのか、
白身魚のフライで味比べです。
果たして結果はいかに?!
通常のパン粉と同じようにさっくり揚がるのか・・。
それとも米粉独特のモチモチした食感になるのか・・・。

〈調理法〉
一般的なパン粉使用
小麦粉→卵→パン粉 

米パン粉
水で溶いた米粉→米パン粉

※このブログでは卵・乳製品・小麦粉除去のレシピ提案が
原則のため、米パン粉使用の調理法は、パン粉以外の工程も
米粉で代用しています。


yum1022-3.jpg
yum1022-1.jpg
パン粉

yum1022-5.jpg
yum1022-2.jpg
米パン粉

アップでみると一般的なパン粉のほうが
パン粉ひとつ、ひとつが大きいです。
米パン粉はツブ状になっていますね。

少し時間が経ってからの試食だったので、
通常のパン粉はややしっとりした印象。
米パン粉のほうがカリっとしていました。

つなぎで卵を使ってないせいか、
通常のパン粉のほうが衣にコクがあったように感じます。
米パン粉は軽い味。
でもソースをつけたら両方同じ味に(笑)

米パン粉は、つなぎに米粉を代用したことで
作る工程がグッと楽になりました。
米粉がない場合はカタクリ粉でも代用可です。
もちろん、小麦アレルギーでない方は、
通常のパン粉でもつなぎに水で溶いた
米粉やカタクリ粉を使ってもOKです。
ただ、パン粉はひとつひとつが大きいので、
一度、包丁で細かくしてから使ったほうが
油に入れたときに、はがれにくくなると思います。


今回使用した米粉100%のパン粉、
新潟産コシヒカリ100%使用と、素材にもこだわった、
株式会社タイナイで扱っている商品です。
小麦粉より、油の吸収率も3割ほど低いので、
ダイエットにも向いているといえそうです。

小麦粉アレルギーでなくとも是非試してみてください!

0811yumyum_1.jpg
「米パン粉」
問/株式会社タイナイ

お米で作ったカレールゥ
1013yumyum2.jpg

こんにちは、スタッフIです。
飯倉ドクターが多忙のため、今回は代わりに
8月3日、4日に東京ビックサイトで開かれた
アグリフードEXPO東京2010で手に入れた
戦利品のお話をします。
yumyumアレルギーキッズで紹介できるアレルギー用の
製品はないかとウロウロしていたら、
東京フード株式会社が作っている
「お米でつくったカレールゥ」を発見!
小麦粉だけでなく、乳製品、動物原料なども使っていません。

そんなわけで早速カレーを作ってみました。
なかよくオフィスのベランダで栽培しているゴーヤを収穫し、
プチトマトもトッピング。
彩り鮮やかなゴーヤカレーの完成です。

さてさて、肝心のお味は・・・。
表示は中辛ですが、パイナップル、マンゴー果汁が
入っているせいかどこかフルーティーで甘い感じ。
世間では甘口の部類に入る味でした。
辛いの苦手な私にはぴったり。
逆に辛いもの好きのうちのボスには
ちょっぴり(かなり?!)モノ足りないようで、
スパイスを足して味を調えておりました。

米粉のほかにでんぷん(馬鈴薯澱粉)も入っていて、
とろみもしっかりつきます。
普通においしいカレーでした。
小麦粉、乳製品なくても全然問題ないですね!
また、このちょっと甘いカレーにゴーヤーの苦味が好相性!
オススメです。


さて、このルゥを製造している東京フード株式会社は、
業務用のサイズも販売しています。
「あなたのお米でオリジナルカレールゥを作りませんか!」
なんてユニークな企画もやっています。


1013yumyum3.jpg
「お米で作ったカレールゥ」
(※写真は100gのサンプル品)
150g、400円(約7皿分のカレーが作れます)
(原材料の一部に大豆を含む)
問い合わせ/東京フード株式会社

ゴーヤカレーのレシピはこちら↓
「お米で作ったカレールゥのカレー」


米粉パンでフレンチトースト
0922yumyum2.jpg

すっかりご無沙汰してしまった!
前回、米粉パンでトーストを食べた。
そして食べきれなかったパンをうっかり
そのまま放置したら、翌日驚くほどカラカラに。
とてもそのままではおいしく頂けなかったので、
フレンチトーストにしてみることにした。
すぐに次のアイディアが浮かぶ当たりがさすがオレ。
しかも女子受けすること間違いナシ!

乾いたパンを適当にちぎってボウルに入れ、
上からひたひたになるくらいまで豆乳を注ぐ。

10分~20分ほどそのまま置いておく。
パンが豆乳を吸収し、パンがふっくらしてくる。
豆乳がほとんど吸収されればそれでOKだ!

フライパンを熱し、バター・・・といいたいところだが、
アレルギーっ子用なのでここでは使えない。
オリーブオイルで代用だ。
両面に焦げ目がつくまでしっかり焼く。
目指すは、外はカリッ!中はフンワリさ。

0922yumyum1.jpg

できあがったら、ハチミツをかけて頂く。
フワフワしているが、さすが米粉パン。
なかなか食べ応えがあったぞ。

前回紹介すると言っていた米粉パン粉は次回にする!
何でも通常のパン粉よりカロリーも抑えられるみたいだぞ。
そんな米粉パン粉をちょっぴり紹介しよう。
株式会社タイナイの米粉100%パン粉はコチラ→






Copyright © 2006 nakayoku003 All Rights Reserved
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。