スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アレルギーディナーバイキングに行ってきた!
3:31dish_13:31dish3

なかよく通信のスタッフが地獄のようなスケジュールで
雑誌を作成中だという、その最中の3月13日に……、
なんと「食物アレルギー対応ホテルバイキング」が
開催されるというではないか。
先生のために予約までとってくれて
大変楽しみにしていたのだが……、
ああ、なんということだろう。こともあろうに
先生は論文の締め切りを抱えてどうにもこうにも
行くことができなかった。ああ~すまない。
もうしわけない……………………。
結局、なかよく通信のスタッフが先生の代わりに
食べたり、取材したり、食べたり、食べたりしてきくれた。
その模様を何週かに渡ってお届けしてもらう。
から揚げ、サンドイッチ、しゅうまい、
カレー、ラーメン……、
普段なかなか食べられないメニューも、
シェラトン・グランデ・トーキョー・ベイホテルのシェフに
かかれば、なんでもござれだ!
スイーツだっていっぱい登場で、
参加したちびっこたちも大満足だったらしいぞ!
おかあさんのヒントになるようなリポートをしっかり
お届けしてもらおう!


はい!というわけで、ディナーを楽しんで参りました
スタッフIがグルメリポートを数回に分けてお届けします。
食べるのは得意ですが、これを言葉で表現するのは難しい!
少しでも、アレルギー食が特別食じゃないことが
みなさんに伝われば幸いです。

3:31アレルギー_1

今回のイベントは、マテルオフィスという会社が主催でした。
会場で社長にお会いしたのですが、
若くてきれいな女性だったのにびっくり!
永野由美さんという方です。
「小さな“声”を社会へ届ける」をモットーに
活動をしていて、その主な内容が食物アレルギー。
実際、永野さんの友人が小麦粉アレルギーで、幾
度も食事で辛い思いをしているのを目の当たりにし、
それが会社を起こすきっかけになったそうです。

そしてその事業内容の1つとして、
今回のホテルバイキングディナーが実現しました。
アレルギー特定原材料7品目
(卵・乳・小麦・そば・落花生・えび・かに)を不使用。
会場にはおばあちゃんやおじいちゃんまで
揃った大家族で参加している人達が多いのに驚きました。

会場に入ってすぐ、
目の前に並んだ唐揚げやカレー、焼きそばを見て
「これ、食べていいの?!」と大はしゃぎする子供達。
「何でも食べていいよ」と言うお母さんも嬉しそう。

こんな普通と思われる言葉のやりとりでさえ、
アレルギーのある親子の間では難しいことなのです。
外食で、みんなで揃って同じものが
食べられることがない──
このことも家族揃って参加している
理由なのかもしれません。

並んだメニューは子供が好きそうなパスタやカレー、
ハンバーガーや唐揚げなど。
これが卵や小麦粉を使わずに作っているかと思うと
驚きです。何より、おいしかった!

パンは100%米粉。
唐揚げはコーンフレークと
さくさく粉(サゴ椰子澱粉)など、
シェフの試行錯誤が伺えます。
でも、すべてネットやスーパーで買える食材。
もしかしたらいつものレシピよりおいしいかも!
と思えるメニューもあるほどでした。

3:31dish_2
米粉100%で作ったパンのハンバーガー。


次回はもう少し、メニューの解説と、
シェフの話をお話ししたいと思います。
(つづく)
スポンサーサイト
Copyright © 2006 nakayoku003 All Rights Reserved
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。