スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大切なのは家族で同じごはん!
みなさん、はじめまして。
今日から「食物アレルギー」のお子さんとご家族のために
役立つ情報をこのブログでお伝えしていこうと思っています。
というのも、小児科医として多くの患者さんに
接していて感じるのは、食物アレルギーの子供たちが
とても増えていることです。

1/6photo


統計的に乳幼児の約10%にアレルギーがあるといわれ、
学童児になると1~2%で、1万人に100~200人が
何らかの食物アレルギーを持つといわれています。
ですが、
実際には年々増加傾向にあるのではないかと感じています。
米国では子供の食物アレルギーが10年前と比較して
18%も増加し、約300万人にも達している
という調査報告が発表されています。
日本の子供たちの食物アレルギーの3大要因と
いわれるのが、卵、小麦、牛乳。
7歳以降にはそばやエビ、魚介類も原因になるケースが
増えています。

卵と小麦、牛乳だけ食べなければいいのか、
なんて軽く思わないでください。
実はこれらの食材は非常に多くのものに入っています。
パンはもちろん、スパゲティもシチューもダメ。
コロッケなどの揚げ物系もクッキーやケーキなどの
洋菓子類はほとんどNG。

つまり、卵と小麦、牛乳を食べられないって、
子供にとっては大問題! 
とってもつらいことなんです。
しかも、そのアレルギーっ子たちのほとんどが
家族と違う食事をとっているのが現状です。
そこで、母親に理由を尋ねてみると、悲しいことに
『まずいから』という声がほとんど。
アレルギーの子供には、まずい食事を与えて、
家族は別の食事をとるなんて、
むろん子供の成長にいいわけがありません!!

卵と小麦、牛乳を使わなくても、手間をかけなくても、
みんなで食べられる「おいしい料理」はできるはず!
と思い立ち、料理経験ゼロの身ながら試行錯誤を始めました。

その成果と料理の腕が上達していく模様(?)を
このブログで、どんどん紹介していきます!

アレルギーの子供をお持ちのお母さん、ちびっ子たち、
家族みんなでおいしいゴハンを食べましょう!

追伸:
そうそう、ここで紹介する食材やレシピは、
ヘルシーなものばかりなので、ダイエット中のお姉さんも
よろこぶこと間違いなし!です。
スポンサーサイト
Copyright © 2006 nakayoku003 All Rights Reserved
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。